室内でも使える アジリティ スラローム&ジャンプバー 犬用 自立・角度調整・組立式 軽量4.8kg 持運びキャリーバッグ&オススメ図解入り練習ブック付き ”何処でもスラ” ペット/犬用品 運動器具 競技 訓練 トレーニング しつけ ドッグラン
販売価格 ¥19,999
ショップ名 雑貨のワールドピグ
ジャンル ポール・スラローム

購入する

雑誌掲載商品 愛犬とアジリティを通じて絆を深めるドッグスポーツ

商品説明広告文責グローバルShop 050-5576-3377 メーカー名、又は販売業者名雑貨のワールドピグ 区分犬用躾、犬用訓練、犬用運動器具製造国海外製(中国) サイズ【 スラローム 】 全長:約3.0m、全高:約84cm、ポール直径:約3.0cm、ポール間隔:約60cm【 ジャンプバー 】 全高:約122cm、幅:約155cm、奥行:約51cm、ポール直径:約3.0cm重量 【 スラローム 】約2.7kg【 ジャンプバー 】約2.1kg素材 素材:PVC特徴 【 スラローム 】 ・自立式のため、芝生・コンクリートなどサーフェスを気にすることなく屋内外と何処でも練習が可能。

・ジグザグからストレートまで、思いのままポール角度をセットできます。

・足部の支え板を交互にセットできるため、パートナーの走行を邪魔しません。

・ポールは犬の目で識別できるとされている青と黄色の鮮やかなカラー。

・設置はとても簡単でフレームを広げて、ポールを差し込むだけ、約2分で完成します。

・キャリーバッグ付きで持ち運びも便利。

【 ジャンプバー 】 ・自立式のため、芝生・コンクリートなどサーフェスを気にすることなく屋内外と何処でも練習が可能。

・バーの高さは20cmから110cmまで自由に調節が可能、さらにメモリ(センチとインチ)表示で高さを確認できます。

・セッティングはハメ込み式だから誰でも簡単にできます。

・キャリーバッグ付きで持ち運びも便利。

説明 複数の障害物を組み合わせることで、より競技会に向けた実践的な練習が可能となります。

ドッグアジリティとは、人と犬が調和を取りながらコース上に置かれたハードルを飛んだり、トンネルをくぐったり順番が定められた障害物をクリアし、タイムを競う競技のことです。

  犬は警戒心の強い動物です、大切なのは「パートナーが ”楽しく遊べる” ようにすること」です。

無理矢理させずにオモチャやおやつを使ったり、上手くできたらたくさん褒めてスラローム・ジャンプバーに対して良いイメージを付けましょう!また、ハンドラーが楽しく行うことでパートナーにもその感情が伝わります、是非楽しみながらこのドッグスポーツに取り組んでください。

Keyword:犬用アジリティ 犬アジリティ アジリティ犬 アジリティー 犬アジリティー アジリティ用品 犬 運動器具 しつけ用品 ハードル トンネル ウィーブポール アジリティ競技 犬用 アジリティ 道具 グッズ ドッグラン競技会に向けてより実践的な練習ができるスラロームとジャンプバーのセット! いぬのきもち”2020年読者が買ってよかった!最強コスパグッズ”コーナーに、スラロームが掲載されました。

屋外では芝生、コンクリート、屋内ではカーペット、人工芝など自立式だから様々なシーンで使えます。

競技会で使用されるポール数は主に12本となります。

2セット並べて12本で練習することは可能ですが、連結することはできません。

足部の支え板を交互にセットできるため、パートナーの走行を邪魔しません。

ポールは犬の目で識別できるとされている青と黄色のカラーを採用。

ポール角度が自由に変えられます。

初めはポールに角度をつけポールの間を通りやすくしてあげましょう。

少しずつポール角度を狭めながら繰り返し練習することで、最終的にまっすぐの状態でクリアできるようになります。

初心者から競技会を想定した本格的な練習まで幅広くご利用できます。

初めての時は、無理矢理させずにオモチャやおやつを使って誘導し、上手くできたら必ず褒めてあげてください。

“スラロームは楽しいよ、安全だよ”とパートナーに思わせることが大切です。

※海外製品となりますので製造過程における多少の傷や粉末等が付く場合があります。

セッティングはフレームをスライドしながら広げて、ポールを差し込むだけ、わずか2分ほどで完成。

誰でも簡単にできます。

スラロームは障害物の中でも難易度が高いものとなります。

しかし、初心者コースでも必修となりますのでマスターしておきたいものです。

今なら、本商品のお勧め練習方法(図解入り)が付きます。

屋外では芝生、コンクリート、屋内ではカーペット、人工芝など自立式だから様々なシーンで使えます。

バーの高さは20cmから110cmまで自由に調節が可能、さらにメモリ(センチとインチ)表示で高さを確認できます。

初めは低い位置から練習し、慣れてくれば少しずつ高くしていきましょう。

犬はジャンプが大好きですから、最も取り組みやすい障害物となります。

他の障害物、スラロームやトンネルなどと組み合わせることで、より実践的で効果的な練習ができます。

バーはクリップに乗せているだけなので、体に当たっても安心です。

競技会ではジャンプ障害物が複数ありますので、出場を検討されている方は犬のサイズに合わせて確実に飛べるよう練習しておきましょう。

競技会では犬の体高に合わせてバーの高さが変動します。

・スモールサイズ(体高35cm未満):25〜30cm ・ミディアムサイズ(体高35cm以上43cm未満未満):35〜40cm ・ラージサイズ(体高43cm以上):55〜60cm ※ジャパンケネルクラブ(JKC) アジリティ規定より ドッグアジリティとは犬と人間が調和をとりながら、コース上に置かれたハードル、トンネル、シーソーなどの障害物を定められた時間内に、クリアしていく障害物競走です。

1978年英国で誕生し、今ではヨーロッパを中心に世界各地で競技会が盛んに行われるようになり、世界選手権大会も行われています。

近年、日本でも各地で競技会が開催されるほどスポーツとしての人気が高まっています。

ドッグアジリティを通じて愛犬と愛情や絆を育むほかに、犬が本来持っている潜在能力をのばしたり、従順学習にも役立つ大変意義のあるものです。

単品でのご購入を検討されている方は→ スラローム、 ジャンプバー。

おすすめの記事